エムアンドエーなう!

2018.04.05

入社式と新入社員研修を実施しました。

本社前にて集合写真撮影

社長からのお話。みんな真剣です。

先輩社員も集まって、注目の辞令授与式。

サイン室での実技研修。

研修で使用したシートを、部材置き場に貼り付けてロッカーの表示がわかりやすくなりました。研修と実益を兼ねて一石二鳥!

2018年4月2日入社式。
「人生の節目くらいはスーツで」と言うことで
ドレスコードのない当社ですが、この日はピシっと集合。
昨秋の内定式から1人も欠けることなく
この日を迎えられたことに
人事担当者は感無量です。

社長の訓示と辞令授与式を終え集合写真撮影。
先輩社員と歓迎昼食会を終えれば、本格的な研修の始まりです。

当社の新人研修の先生は外部講師ではなく、全員先輩社員です。
もちろん一般的なビジネスマナーなども学びますが
形だけ、表面的なことではなく
「新入社員が安心して楽しく真剣に働けるように」と
先輩たちが貴重な時間を割き、願いを込めて手作りする研修です。

●社長訓示  (一部抜粋)
「なによりも安全が最優先。
命あっての、健康あっての仕事です。

仕事は何をやっても大変。
それでも、いつも笑顔で働けるように
仕事が楽しいと思えるように
夢や希望を持ってほしい。

みんな誰かの可愛い子。
みんなが幸せになれるように
今日から仲間として一緒に頑張りましょう!」


●工場 =講師岡田=  (一部抜粋)
「まず最初に伝えたかったのは
エムアンドエーに入社してくれてありがとう。
教える方も本気やで。真剣やで。
だからその思いに応えてな。
それと、しんどかったら正直にしんどいと言ってほしい。
言いにくい環境にしないように、俺らも頑張るからな。」


●設計施工部門 =講師山本=  (一部抜粋)
「掃除をたかが掃除と思わないでほしい。
掃除一つにも意味がある。
例えば、自分がその店のオーナーになるとして、
工事が終わって完成したお店に足を踏み入れた時に、
家具に汚れがついてたりゴミが落ちてたらイヤやんか。
お客さんがどんな気持ちになるか想像しながらする掃除は
ただやらされてやる掃除と違うと思う。

現場は安全第一。
自分が担当する現場でけが人を出すなんて一番恥ずかしいこと。
入ってくれてる職人さんのけがは担当する俺らの責任。
ましてや自分がけがをするなんて、現場管理失格やから。
自分が担当する現場は誰もけがさせへんように、
責任と自覚を持って気を引き締めてほしい。

最初は与えられた仕事がメインになるけど、
丁寧に最後までやり遂げて。
まずは社内の人たちから信頼されるように仕事してください。」


●サイン室  =講師由良=  (一部抜粋)
「サインの発注には期限がある。
社内製作工房だから外注するよりは早くできるけれど、
今日注文してその日に出来あがるわけじゃない。
残業したくないから意地悪を言うのではなくて、
お客さんが納得するクオリティーを守るために。
印刷後シートを乾燥させたり、慌てず作業できる時間が必要です。」


●管理部門 =講師山﨑=  (一部抜粋)
「病気や怪我、様々な事情で働きたくても働けない人が
世の中にはたくさんいます。
働ける幸せを感じて、働けることに誇りを持って
笑顔で働いてください。
『働』の字は分解すると、『人』と『動』。
私は『働く』ということは『人』のために『動く』ことだと思っています。
会社はみなさんが生き生きと笑顔で働く環境を提供する『場』。
みなさんが一日も早く現場で可愛がられる社員になることを
心から願い、楽しみにしています。」

最近のエントリー

アーカイブ

新入社員が入社して半月。今日の...

産学協同研究 (大阪工業大・卒...